商品デザイン事例

オリジナルのグラス花瓶でお好みのデザインに

今回は、お客様の製作事例ではなく、サンドマジックがイベントで出した商品の製作事例です。

フラワーベース1

グラス花瓶の詳細

口径:85mm
高さ:165mm
素材:ガラス
価格:3,000円

2つと同じものが無いオリジナルの洗いやすいグラス花瓶

今回、重ためのグラスを花瓶としてオリジナルデザインでサンドブラスト加工を行いました。

花瓶というと、壺みたいなものを想像される方もおられるかと思いますが、このように少し深めで、少々重ためのグラスであれば花瓶として利用することができます。

雑貨屋さんにいくと、奇抜なデザインのガラスの花瓶があったり、カラフルなデザインの花瓶などが売られていますが、意外とインテリアに合わせづらかったり、汚れてきたときに洗いにくかったりするものが多くあります。

しかし、グラスを花瓶に使うと、そもそも洗う事を想定されたデザインになっているので、花瓶として使っていて汚れた時も、ものすごくキレイに洗えます。

衛生的でどこにもないオリジナルの花瓶をグラスで作るのも良いかもしれませんね。

茎が見えないようにスリガラスのように加工

本来サンドブラストで加工をする場合は、デザインを施すところに吹付を行って加工をするのですが、今回は葉っぱのデザインのところだけ隠してグラス全体に吹き付けることによって、全体的にスリガラスのようなデザインとしました。

フラワーベース2

なぜこのようにしたのかというと、花瓶として利用する場合は、花の茎の切断面などが見えてしまうと、少々不格好に見えてしまいます。

だからこそ、スリガラス状にして、見えない方が良いところは隠すようにしました。

デザインは自由、グラスの形状も自由

今回は、ハワイアンフェアというイベントだったのでハワイなどの暖かい地域に生息している、モンステラという観葉植物の葉っぱの形に加工してない部分が残るようにしました。

ただ、オリジナルとするなら、お好きな葉っぱだったりお花だったり、花以外のデザインだったり、お客様のお好みに合わせたデザインで加工することが可能です。

もちろん、グラスの形状も自由です。

今回は少々重めのグラスが適切だと思ってこのグラスにしたのですが、入れる花などによってグラスの適切なサイズや形状は変わってくると思います。

だからお好きなデザインとグラスをお持ちいただければ、お客様のオリジナルのグラス花瓶となるように加工をさせていただく事もできます。

 

オリジナルのグラス花瓶なら、大阪のサンドマジックにお気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせ